アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「仏像」のブログ記事

みんなの「仏像」ブログ

タイトル 日 時
タイアユタヤ
タイアユタヤ 樹木に取り込まれた仏頭。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/29 12:02
仏像好き
仏像好き 室生寺の仏像を見に行きたいと思っている。ここの十一面観音が見たい。金堂にあって、本尊の釈迦如来像の脇に控えている。この寺には平安時代から鎌倉時代など時代を超えた仏像が数多くある。でも一番は十一面観音だと思う。 これ→http://www.murouji.or.jp/hotoke/jyuichimen.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/12 11:00
弘法大師上陸の地
弘法大師上陸の地 知多半島の先端聖崎に弘法大師空海が上陸した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/02 00:48
居職
居職  自宅で座ったまま仕事をすることを「居職」(いじょく)というそうだ。今日は一日中家のパソコンの前で占い原稿と記事原稿を書いている。気分転換にブログに来ている。あと星座占い原稿が1週間分と、聚楽園大仏の記事と知多八十八か所巡りの記事と農業高校の記事と担担麺の広告、あと何かあったような気がする。なんだっけ?  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/01/26 19:17
大仏の裏
大仏の裏 聚楽園大仏の裏には入口がある。針金でくくられて入れないようになっている。 偶然昨日出会った女子高生は以前中に入ったことがあるという。中の電灯が消えて、そのあと1週間したら閉鎖していたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/01/21 02:07
大仏の顔
大仏の顔  かなり男前。鼻の下にはダンディな髭がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/21 02:02
聚楽園の仁王
聚楽園の仁王  大仏は小高い丘の上にあるが、そこまで上がっていく階段の上の左右に仁王様がいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/21 02:00
聚楽園の大仏
聚楽園の大仏  東海市の聚楽園の大仏像。かつて昭和天皇のご成婚を祝して、昭和2年5月21日に開眼供養された。名古屋の実業家・山田才吉が建立し、現在は東海市のシンボルともなっていて、名古屋から知多半島に向かって車を走らせたことのある人なら必ず目にして吃驚するもの。鉄筋コンクリート製で、高さは18.79m、鎌倉の大仏(11.5m)より大きい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/21 01:58
仏縁
仏縁  昨日今日と古本屋で続けて仏像関係の本を手に入れた。これも仏様の御縁だろう。  昨日は上前津の地下鉄前のつたや書店。  「日本の彫刻」(久野健)。日本の仏像彫刻を歴史と技術から検証した専門的な書。写真は、すべて白黒なのでイメージがふくらむ。地味で真面目なのが嬉しい。昭和34年初版本。  「日本の国宝」シリーズ7冊(*画像下前)。週刊朝日百科から出ているもので、エリアごとに分けられている。仏像の載っているものだけを選んで買った。主な掲載は、京都広隆寺(弥勒菩薩、阿弥陀如来)、京都清涼寺(釈迦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/15 00:22
銀色の犬 銀色の仏陀
銀色の犬 銀色の仏陀  写真は住まい近くのエスニック雑貨店で買った銀色仏陀(左)。右隣のは以前に買ったもの。高さ3センチぐらいの小さなもの。典型的な東南アジア的なスタイル。銀色に惹かれた。  昨夜、銀杏(ギンナン)というチワワに会った。毛の色が銀色なので、そういう名前にしたと飼い主が言っていた。他に黒色のラブラドールのクー、茶色のチョコレート色のミニチュアダックフンドのチョコがいる。3匹とも色から命名された。帰ってきてから写真とっておけばよかったと思った。  次回に撮ってきて掲載しよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/12 09:50
初詣
初詣  12月31日の紅白を見終わって、八事の興正寺に初詣。帰りに家の近くの香積院に寄る。本堂の横にふれあい観音の小さなお堂がある。全身金色のふくよかな像。  1月は墓参りに行って、実家により、親戚まわり。2日に熱田神宮にお参りに行く。熱田神宮の前の本屋で村上元三の「佐々木小次郎」と「世界を震撼させた殺人事件の真実 パリ留学生人肉食事件 佐川一政」、豆本「飛騨の民話と伝説 飛騨の炉辺ききがき」を手に入れる。佐川一政は「サンテ」「蜃気楼」「霧の中」という本を書いているという。いま執筆中のものが「蜃気楼... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/03 12:33
名古屋の成田山の不動明王像
名古屋の成田山の不動明王像 成田山のご本尊は不動明王(2階にある)だった。原色でカラフル。外にも石像の不動明王があり、1階の奥にも少し小さい不動明王像(たぶん木像)がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/12/24 10:39
知多半島の仏像を巡る
好きでいると何とかなるもので仏像好きをアピールしていたら仏像の記事を書く仕事が舞い込んできた。知多半島の仏像を取材する。取材先のお寺さんと仲良くなって仏像Tシャツや仏像絵葉書を作って、一大仏像ブームを起こそうと画策中。ただし3ヶ月ごとの発行の本だから年4回しかない。初回は、聚楽園の大仏の予定。管理は東海市の公園課がやっているけど大仏は東海市の普済寺という名刹が管轄らしい。なんとこの普済寺に円空の明王の坐像がある。また愛知梅花観音の札所にもなっている。仏像つながりで輪が広がりそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/16 11:09
岐阜大仏 探訪
 岐阜大仏 探訪 黄檗宗金鳳山正法寺の大釈迦如来像(通称岐阜大仏)を見に行く。名鉄新岐阜駅からかなり北、金華山の西、長良橋の南。このあたりは寺院が多い。大仏は、像高13,7メートル、顔の長さ3,6メートル、耳の長さ2,12メートル。右手の親指と中指をくっつけた中品下生(ちゅうぼんげしょう)の印を組む。周囲1,8メートルの大イチョウを真柱として骨格は木材で組み、外部は竹材を編み粘土を塗り、一切経、阿弥陀経、法華経、観音経などを張り、その上に漆を施し、金箔をおいた乾漆仏。 *場所=岐阜県大仏町8番地 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/09 09:47
女子大生あいちゃん
女子大生あいちゃん  こういうふうに写真を撮るとスキャンダラスな写真週刊誌みたいに見える。  彼女は、仏像好きな芸術大の女子大生あいちゃんである。将来は時代劇の漫画家を目指している。なんと彼女の10代の頃は男だっという。別に性転換したわけではなく、性同一障害の一種(?)で自分のことを男と信じていたらしい。いまは、すっかり女らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/12/02 09:44
ジャンボ鶴田のサイン色紙
ジャンボ鶴田のサイン色紙 プロレスラー故ジャンボ鶴田のサイン色紙を求めて上前津から鶴舞の古本屋を探す。以前、見つけたのだが、どの店だったか忘れた。最初の店でクラッシュギャルズのサイン色紙があった。この店だと思って探したがなかった。その後も探し続けて数軒目で発見。川田利明と渕正信のものあったが、鶴田だけ買う。 その後、大学堂書店で、原色日本の美術 密教寺院と貞観彫刻(定価4300円)、日本の仏像(佐和隆研著 定価490円)、仏像案内(佐和隆研編 定価580円)、仏像そのプロフィル(入江泰吉・青山茂共著)をぜんぶで1400... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/26 00:09
仏頭
仏頭 何年か前に中国の長江の流域で買った。観光客相手に小船で乗りつけて売りつける。船の乗り換えのほんのわずかな時間だった。たくましい商魂だ。半値以下に値切ったが、その価格でもいいというので買ってしまった。かなり重くてコートのポケットに入れて持ち帰った。 部屋に置いてあったが、最近、白い粉をふくようになった。たぶん古く見せようとしてソーダ系の薬品に漬けてあったのだろう。緑青が出ているが、かなり新しいものと思われる。仏の頭で、底は、印になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/25 10:24
知多に日進に東奔西走の日
知多に日進に東奔西走の日 知多の中国茶のお店に取材。太田川で待ち合わせて行く。聚楽園の大仏の横を走る。いつか近くに行ってみたい。高さ18.79メートル、奈良や鎌倉の大仏よりも大きい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/18 16:54
向吉悠睦の世界 フィギュア仏像
向吉悠睦の世界 フィギュア仏像 大須にて「現代佛像 向吉悠睦(むこよしゆうぼく)の彫刻 観賞用ぶつぞうコレクション」を買う。438円。仏像のフィギュア。如意輪観音菩薩像が出た。孔雀明王像、釈迦如来像、聖観音菩薩像、毘沙門天像(以上が白木調)、愛染明王像、韋駄天像、不動明王像、龍王像(以上が彩色)の全9種類。金色に輝く龍王像が一番人気とのこと。20〜50歳代の仏像マニアが買っていくとのことで女性も多いらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/17 00:40

トップへ | みんなの「仏像」ブログ

神門ぺぷし闘魂創作日記 仏像のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる